ShibainuKing  柳生譲治のメモランダム

柴犬キング 柳生譲治のメモ帳・備忘録・その他雑記です

“緩慢な自殺” セルフネグレクトとは何か?

誰もが予備軍、自分を虐待しゴミ屋敷に住む人々
岸恵美子 東邦大学教授に「セルフネグレクト」について聞く

 

誰だってとてもつらいことにぶち当たったら、
生きていく意欲が薄れることもあるかもしれない。
とくに、高齢になって先が見えてしまったら
「何のために生きてるのかな」

「長く生きてもあと○年かかな」
「なんかもう面倒くさいな」

なんて気持ちになるかもしれない。

誰だってちょっとしたきっかけで、セルフネグレクトになると言います。
他人事ではないのです。

b.hatena.ne.jp

 

business.nikkeibp.co.jp

いつか必ず来る別れの日、「遺品」は人生の縮図 「空き家」「遺品」片づけのプロ、内藤久さんに聞く

いつか必ず来る別れの日、「遺品」は人生の縮図
「空き家」「遺品」片づけのプロ、内藤久さんに聞く

“遺品整理業者は「生」と「死」の中間に立つ仕事──。遺品に触ると、故人の生活や人格が、指先から伝わってきます。遺品が雄弁に語るのです”

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/053100254/

b.hatena.ne.jp

 

 

 

トラウマ記憶もセピア色に、「EMDR」の驚異

 

1時間前

「フラッシュバック」などの症状を驚くほど容易に消失させる

EMDR」は奇跡の治療法か?

トラウマ記憶もセピア色に、「EMDR」の驚異
WHOも推奨、眼球運動で心の傷を癒す
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/050700252/

f:id:NBA:20170511014347p:plain

日経ビジネス編集部 柳生譲治)

「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も

「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も

東京五輪の終幕が「空き家ビッグバン」の号砲に

 

かつて“金妻”の舞台になった郊外の瀟洒な家は、今やただの「古びた家」になった。

ニュータウンはオールドタウンとなり高齢化が進む。

東京五輪のフィナーレが「空き家ビッグバン」の号砲になるだろう…。

 

business.nikkeibp.co.jp

  (日経ビジネス編集部 柳生譲治)

 

アドラー心理学、「部下をほめてはダメ」の功罪

アドラー心理学、「部下をほめてはダメ」の功罪
心理学者の早稲田大学教授・向後千春さんに聞く

 

テレビドラマ「嫌われる勇気」が放映されるなど、アドラーブームが続いている。
しかし、一部誤解されている部分もあるようで…。
部下をほめたらダメですか?
“本当の”アドラー心理学とは?

business.nikkeibp.co.jp

 

 (日経ビジネス編集部 柳生譲治)

“労働教”から離脱し、キリギリスとして生きよ

business.nikkeibp.co.jp

 

“労働教”から離脱し、キリギリスとして生きよ

精神科医の泉谷閑示氏に、これからの「働き方」を聞く


一人ひとりが、ある程度の覚悟を持って個人主義的に自立していくことでしか、

日本は根本的に変わっていけないのではないかと思います。

「自分は自分、人は人」という、当たり前の前提を忘れない。

 (日経ビジネス編集部 柳生譲治)

孫正義さんに学んだ、“ROI最速英語勉強法”

超スピードで英語をものにした、その秘訣はどこにあったのか。


http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/011800225/fb.jpg

日経ビジネス編集部 柳生譲治)

我々は皆孤独であることを覚えておくとよい  『シューラーの認知療法入門』から

(『シューラーの認知療法入門』p.92-93から 一部抜粋)

 

・我々は皆孤独であることを覚えておくとよい。このことは,皆が同じ状況にいることを知らせてくれるのを助けてくれる。ただし,何らかの助けにはなるが,全てを助ける訳でもない。

・自分の状況だけが特別だと人は主張する。皆が本当に凡庸であることを受け入れることほど難しいことはない。

 

 

「結局、楽園というものは、自分の幼年時代の記憶の中にだけあるんだ」(宮崎駿)

結局「楽園というものは自分の幼年時代にしかない、幼年時代の記憶の中にだけあるんだ」(宮崎駿

抜き書き

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0811/28/news011_4.html