読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ShibainuKing  柳生譲治のメモランダム

柴犬キング 柳生譲治のメモ帳・備忘録・その他雑記です

トラウマ記憶もセピア色に、「EMDR」の驚異

 

1時間前

「フラッシュバック」などの症状を驚くほど容易に消失させる

EMDR」は奇跡の治療法か?

トラウマ記憶もセピア色に、「EMDR」の驚異
WHOも推奨、眼球運動で心の傷を癒す
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/050700252/

f:id:NBA:20170511014347p:plain

日経ビジネス編集部 柳生譲治)

「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も

「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も

東京五輪の終幕が「空き家ビッグバン」の号砲に

 

かつて“金妻”の舞台になった郊外の瀟洒な家は、今やただの「古びた家」になった。

ニュータウンはオールドタウンとなり高齢化が進む。

東京五輪のフィナーレが「空き家ビッグバン」の号砲になるだろう…。

 

business.nikkeibp.co.jp

  (日経ビジネス編集部 柳生譲治)

 

アドラー心理学、「部下をほめてはダメ」の功罪

アドラー心理学、「部下をほめてはダメ」の功罪
心理学者の早稲田大学教授・向後千春さんに聞く

 

テレビドラマ「嫌われる勇気」が放映されるなど、アドラーブームが続いている。
しかし、一部誤解されている部分もあるようで…。
部下をほめたらダメですか?
“本当の”アドラー心理学とは?

business.nikkeibp.co.jp

 

 (日経ビジネス編集部 柳生譲治)

“労働教”から離脱し、キリギリスとして生きよ

business.nikkeibp.co.jp

 

“労働教”から離脱し、キリギリスとして生きよ

精神科医の泉谷閑示氏に、これからの「働き方」を聞く


一人ひとりが、ある程度の覚悟を持って個人主義的に自立していくことでしか、

日本は根本的に変わっていけないのではないかと思います。

「自分は自分、人は人」という、当たり前の前提を忘れない。

 (日経ビジネス編集部 柳生譲治)

孫正義さんに学んだ、“ROI最速英語勉強法”

超スピードで英語をものにした、その秘訣はどこにあったのか。


http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/011800225/fb.jpg

日経ビジネス編集部 柳生譲治)

我々は皆孤独であることを覚えておくとよい  『シューラーの認知療法入門』から

(『シューラーの認知療法入門』p.92-93から 一部抜粋)

 

・我々は皆孤独であることを覚えておくとよい。このことは,皆が同じ状況にいることを知らせてくれるのを助けてくれる。ただし,何らかの助けにはなるが,全てを助ける訳でもない。

・自分の状況だけが特別だと人は主張する。皆が本当に凡庸であることを受け入れることほど難しいことはない。

 

 

「結局、楽園というものは、自分の幼年時代の記憶の中にだけあるんだ」(宮崎駿)

結局「楽園というものは自分の幼年時代にしかない、幼年時代の記憶の中にだけあるんだ」(宮崎駿

抜き書き

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0811/28/news011_4.html

 

脳にしまわれている記憶がランダムにつなぎ合わされて物語になったのが夢

人はどうして、訳の分からない夢を見るの?: 「脳にしまわれている過去の記憶の中からたまたま表れ出てきたものが結びつき、ストーリー化されて夢となる」。記憶がランダムにつなぎ合わされて物語になったのが夢 

Gooday(グッデイ)

何が物理法則を決定したのか

 

「いったい宇宙とは何であるのか」(text by 長谷川 熙 氏)

AERA 2012.08.13-20

 

一つの深い謎が残る。何が物理法則を決定したのか…

 

…何らかの「場」からインフレーション(宇宙の開闢時の急膨張)が起きたとして、その「場」とは何だったのか。その「場」は、どこからどう生じたのか。どうして、この大宇宙がその極微の「場」から生じ得るのか。ましてや、その「場」の前が無であるなら、いよいよなぜ無から「場」が、つまり有が生じるのか。

そもそも無とは何なのか。時間も空間もないX(エックス)というなら、それは空想すらできない。空っぽの空間を無というなら分かるが、時空がないそういうXとは、人の思考の範囲外としか言えない。

さらに、インフレーションの時、そして、その後のビッグバンの後も宇宙は膨張しているとされるが、その膨らむ宇宙の周り、あるいはその向こうは何なのか。 (略) 興味深いのは、インフレーション理論を佐藤勝彦氏と独立に発表した米国のグース氏が著作『なぜビッグバンは起こったか』(訳書は1999年早川書房刊)でこう書いていることだ。

「無からの宇宙出現を記述する試みは(略)、科学の領域を拡張する刺激的な営みだ。(略)(しかし)一つの深い謎が残る。何が(その)物理法則を決定したのか」