読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ShibainuKing  柳生譲治のメモランダム

柴犬キング 柳生譲治のメモ帳・備忘録・その他雑記です

何が物理法則を決定したのか

 

「いったい宇宙とは何であるのか」(text by 長谷川 熙 氏)

AERA 2012.08.13-20

 

一つの深い謎が残る。何が物理法則を決定したのか…

 

…何らかの「場」からインフレーション(宇宙の開闢時の急膨張)が起きたとして、その「場」とは何だったのか。その「場」は、どこからどう生じたのか。どうして、この大宇宙がその極微の「場」から生じ得るのか。ましてや、その「場」の前が無であるなら、いよいよなぜ無から「場」が、つまり有が生じるのか。

そもそも無とは何なのか。時間も空間もないX(エックス)というなら、それは空想すらできない。空っぽの空間を無というなら分かるが、時空がないそういうXとは、人の思考の範囲外としか言えない。

さらに、インフレーションの時、そして、その後のビッグバンの後も宇宙は膨張しているとされるが、その膨らむ宇宙の周り、あるいはその向こうは何なのか。 (略) 興味深いのは、インフレーション理論を佐藤勝彦氏と独立に発表した米国のグース氏が著作『なぜビッグバンは起こったか』(訳書は1999年早川書房刊)でこう書いていることだ。

「無からの宇宙出現を記述する試みは(略)、科学の領域を拡張する刺激的な営みだ。(略)(しかし)一つの深い謎が残る。何が(その)物理法則を決定したのか」