ShibainuKing  柳生譲治のメモランダム

柴犬キング 柳生譲治のメモ帳・備忘録・その他雑記です

懸案の生産緑地「2022年問題」は回避できるか?

都市農業に追い風、練馬区は「世界都市農業サミット」開催へ
懸案の生産緑地「2022年問題」は回避できるか?


 かつて高度成長期やバブル期には、都市の市街化区域にある農地は「いずれ宅地化すべきもの」という前提で存在していた。だが、この10年ほどで風向きは一変、今では「都市農業」に脚光が当たっている。都市の農地が持つ新鮮な農作物の供給機能のほかに、農作業を通じたコミュニティ作りや、災害時の避難場所・火災の延焼防止などの機能が評価されるようになり、都市農業は「守るべき」存在となっている。

 都市農業への「追い風」が吹く中、今懸念されているのが市街化区域内にある生産緑地の「2022年問題」だ。生産緑地は、都市の市街化区域にあって、固定資産税や相続税の優遇措置を受けている農地だが、2022年に土地利用規制(および税優遇)が終わる生産緑地が多く、このため宅地への転用が急増し地価暴落につながるのではという懸念があるのだ。都市農業は果たして、今後どのような方向へ向かうのか。

続きはこちら→ https://special.nikkeibp.co.jp/NBO/businessfarm/newstopics/05/

 

f:id:NBA:20181103112601p:plain

special.nikkeibp.co.jp